01-01和集合、共通部分(難易度1)

次の集合$A、B$について$A∩B、A∪B$を求めよ
(1)$A=\{1,2,3,5,6\}  B=\{1,2,4,6,7\}$
(2)$A=\{n|nは12の約数\}  B=\{n|nは16の約数\}$
(3)$A=\{x|-1<x\leqq6\}  B=\{x|3\leqq x<7\}$

(2)要素を列挙して比較しましょう。
(3)数直線を書いて、範囲を明確にしましょう

(1)$A∩B=\{1,2,6\}$
 $A∪B=\{1,2,4,6,7\}$
(2)$A=\{1,2,3,4,6,12\} B=\{1,2,4,8,16\}$
 $A∩B=\{1,2,4\}$
 $A∪B=\{1,2,3,4,6,8,12,16\}$
(3)$A∩B=\{ x|3 \leqq x \leqq6 \}$
 $A∪B=\{ x|-1 < x < 7 \}$

$A∩B$は、$A$にも$B$にも属する要素の集合です。
$A∪B$は、$A$にも$B$の少なくともどちらか一方に属する要素の集合です。
要素の重なりがイメージできないときは、ベン図を描いてみるとよいです。

また、不等式のようなものでは数直線を書いてみるとよいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする